卒団しました!

3/28(日)

 

6年生、最後の大会は春の嵐のため中止に。お世話になった旧玉高Gにも、たまがわリーグの皆様にもご挨拶が出来ず、また、今年度で最後とのなる旧統一ユニフォーム姿で試合をすることが叶わず、とても残念でした。コロナに加え、雨にも泣かされた一年でした。

 

前日の最後の校庭練習では、コーチと一緒に思う存分校庭を駆け回り、笑い声が響き渡りました。

卒団とはなりますが、これからも、ずっと二子玉川SSSの活動を応援しています!OBとして、またはコーチとして?、戻ってきたときには、温かく迎え入れてくださいね!

 

お別れ会での保護者挨拶を掲載させていただきます。


ーーーー

6年生13名、いよいよ卒団の時を迎えました。

 

低学年のころ、土屋コーチがいつも、「この学年は特別に上手な子がいないのがいいんだよ、高学年になったらきっと強くなるよ」とおっしゃっていた通り、6年生、最後のこの子たちは、全員サッカーでとてもよいチームになったと思います。

いつもあたたかく見守ってくださり、ありがとうございました。6年間、安心して活動に参加させていただく事が出来ました。


代表チームとしての最後の一年は、一番忙しく、輝く年となるはずでしたが、このような情勢の中での活動となり、親としては残念な気持ちもありました。しかしそんな中でも、多くの活動に参加することが出来ましたのは、土屋コーチの寛大なご配慮や、学校、地域、他チームとの親密な関係性があってこそです。その行動力をお傍で拝見し、いつも本当に心強く、このチームにいれば大丈夫!という安心感が、コロナ禍においても、私たちを支えてくださいました。

 

子供たちは、いよいよ卒団となり、それぞれが次のステージへと進んでまいります。

このチームで、仲間と、コーチと過ごした日々は、サッカーの技術だけでなく、子ども達にとってのかけがえのない財産であり、強く生きていく力の源になりました。そして、二子玉川SSSが、皆の帰る場所となっていると確信しています。そのためにも、これからもずっと、この場所で、この活動を続けていただけますよう、切にお願い申し上げます。

  

土屋コーチはじめコーチの皆様のご健康をお祈りするとともに、二子玉川スポーツ少年団サッカー部のさらなるご活躍を これからも心から応援させていただきます。

  

6年間 本当にありがとうございました!!

ーーーーーーーーーーーーーー













169回の閲覧

最新記事

すべて表示